メーカー一覧
メーカー名・パナソニック株式会社
■ 企業情報
■TAWERS TAシリーズロボット自身が動作に合わせて直接、溶接波形をフルコントロール、新短絡波形制御法「SP-MAG」(1)の搭載により、熟練作業者に求められる溶接の条件裕度を拡大し高性能溶接を実現。さらに、駆動モータ容量、減速機定格を大幅に向上したマニピュレータで安定した高速溶接を可能にしました。

■ 主要機能
・SP-MAG溶接法と2次SW制御
・高性能マニピュレータ
・フルソフトエア・リアクタレス制御
・オートエクステンションコントロール機能
・リフトスタート・リフトエンド機能
・Hyper DIP Pulse溶接法
・高感度衝突検出・ロボット柔軟制御
・溶接ユニットの防塵構造
・接続ケーブルの少線化処理
・溶接品質管理機能
■ 特色

1.溶接ロボットの特徴
Panasonicは溶接機の大手メーカーで、自社製の溶接機を使用した溶接工程を自動化するにあたり溶接ロボットシステムという形で展開されております。
新工法のスーパーアクティブワイヤ溶接法では、「適用電流域拡大」と溶接ワイヤが正送と逆送を繰り返す「高精度送給」にて、スパッタの発生量を大幅に
削減しつつ高速で溶接をしても綺麗なビード外観が実現されております。

2.豊富なバリエーション
ロボットのタイプやアーム長は、用途に併せて選択が可能になります。
ロボットタイプは、ワイヤ送給性を重視した「外装タイプ」、ケーブルの干渉低減を重視した「内蔵タイプ」、高いワイヤ送給製と周囲への干渉低減を両立した「セパレートタイプ」の
3種類があります。
また、メインとなる溶接ロボットは、アーム長が850mm~950mmで省スペースを実現する「TSシリーズ」、アーム長が1100mm~1800mmの「TMシリーズ」、アーム長が1800mmで高可搬
「TLシリーズ」の3種類です。
ロボットの仕様バリエーションが多く、あらゆるワークサイズ・用途に対応されております。

3.高品質溶接
ロボット自体が溶接をフルコントロールすることで、トーチの動作と同期してより緻密な溶接条件コントロールが可能となり、高い溶接性能による高品質溶接を実現しております。
長年の経験により蓄積した豊富な「溶接条件データベース」を標準搭載しているので、ロボットを操作するティーチペンダントで溶接条件を簡単に確認と設定が可能です。
また、自動設定された条件から脚長・溶接速度の調整も可能で、その変更に応じて電流・電圧条件を自動計算します。

パナソニック製溶接ロボットは、個人の溶接技量に依らない作業環境を実現しています。

メーカー名・株式会社FANUC(ファナック)
■ 企業情報
■Robot ⅰシリーズFANUC Robot ⅰシリーズは、各種知能化機能を搭載した高性能ロボットコントローラ R-30iA により制御される高信頼性インテリジェントロボットです。
商品名称:Robot ⅰシリーズ

■ 主要機能

・ バラ積み部品取出し
・ 機械部品精密嵌合
・ 高感度衝突検出・ バラ積み部品取出し
・ 機械部品精密嵌合
・ 高感度衝突検出

■ 特色

1豊富なラインナップ
FANUC製ロボットはあらゆる製造分野で活躍できる豊富なラインナップが特徴の一つです。
可搬重量は7kg~14㎏の小型ロボット「LRmateシリーズ」、25㎏~120kgの中小型ロボット「M-○○iシリーズ」「R-1000iシリーズ」、100㎏~2300㎏の大型ロボット「R-2000iシリーズ」
と幅広く、搬送、溶接、組立、塗装、検査等のあらゆる用途に対応していることも特徴といえます。

2.様々なアプリケーションに対応
FANUCのロボットには、ロボットの柔軟性を最大限に活かす様々なアプリケーションがあります。
ワークとの接触を伴う作業の場合は、マニピュレーターの手首部に搭載されたセンサで力制御を行い、指定した押しつけ力を維持しながらツールを移動させることが可能なオプション
「力センサ」があります。
形状が複雑なワークに対して有効なビジョンシステム「IRvision」は、2Dビジョンから3Dビジョンまで対応されています。この「IRvision」で、ワークを独立して認識する為、ワークが正確に
置かれていないバラ積みワークのピッキング作業の自動化も可能となります。
製造業での更なる生産性向上と効率化を目指した製造業向けオープンプラットフォーム「FIELDsystem」では、製造現場のあらゆる機器を接続し、生産の見える化や予防保全、
AIを活用した高度な分析、分析結果に応じた機器のコントロールが可能です。
その他にも、様々な作業の自動化を可能にする機能やロボットの活用をサポートするオプションが多くあります。

3.ロボットの保全・管理
製品開発の方針として『壊れない・壊れる前に知らせる・壊れてもすぐ直せる』をスローガンとして、サービスファーストをモットーにFANUC製品の生涯保守を行っています。
その為、ロボットの部品供給期限がなく、定期的なメンテナンスの実施で、長く使い続けていくことができます。

FANUCは、製品の信頼性や保守サービスなどの強みを生かして高シェアを誇っているメーカーです。

メーカー名・株式会社安川電機
■ 企業情報
■MOTOMASN HPシリーズ安川電機は、1977年に日本で初めて全電気式産業用ロボット“モートマン”を発表して以来、国内外の産業用ロボット市場をリードしてきました。半導体技術へも早くから取り組み、メカトロ機器の開発により、クリーン・真空ロボットやウエハ搬送装置を創出しています。

■ 主要機能

・ アークセンサー機能
・ レーザートラッキング機能
・ ステーション協調制御機能
・ ジグレス協調制御機能
・ ステーションツイン協調制御機能
・ 協調制御機能
・ 独立制御機能
・ 始端検出機能(高速始端検出機能)
・ スローアップダウン機能
・ 多層盛機能
・ アークリトライ/リスタート/溶着解除機能
・ ウィービング同期溶接条件変更機能
・ アークモニタ機能
・ ツールサイト機能
・ トーチネック自動交換機能

■ 特色

1.ロボットの仕組み
安川電機では、産業用ロボット(MOTOMAN)に組み込まれる主要部品であるサーボモータを自社で開発して最適化しています。
能力を最大限に発揮する制御ソフトウェア技術のほかに、溶接や塗装などの用途に最適な構造や機能を実現するアプリケーション技術などを組み合わせて開発・展開
されております。

2.スマート工場に向けたソリューション
工場の生産ラインの一つの単位である「セル」を産業用ロボットやサーボモータ、インバータで自動化することを得意としていましたが「セル」の自動化に加えてそれらの
デジタルデータでの管理を実現したのがi³-Mechatronics(アイキューブ メカトロニクス)です。自動化ソリューションにデータを活用する技術による「デジタルデータのマネージメント」
で、工場の機器の稼働状況や生産状況を数値化して生産管理することができるようになります。

3.専用オプション
安川電機のロボットには、ロボットの自立性を向上させる専用オプションが展開されております。
例えば、MOTOMANの専用オプションとなるMotoFit は、6軸力センサユニットでセンサを使用することで人手でしかできなかった精密かん合や研磨作業の自動化を実現します。
また、ロボット用プログラミングペンダントから操作可能なビジョンも展開されており、ワーク位置を高精度に認識するビジョン「Motosight2」と、バラ積みワークのピッキング作業の
自動化を実現したビジョン「Motosight3」があり、様々な部品に対応することが可能になる機能があります。

メカやコントローラー設計の他、サーボモーターやドライブを内製化していることで、フレキシブルな製品の開発や提供を行っているメーカーです。

メーカー名・株式会社ダイヘン
■ 企業情報
■Almega AXシリーズダイヘンの提案する小形AXシリーズはコンパクトなボディに先進機能を搭載し、従来機種ロボットの性能を発揮しながら、狭所でのロボット溶接や大きなワークの中、または内側に入ってのロボット溶接などが可能になりました。

■ 主要機能

・ アーク溶接
・ 狭所溶接
・ TIG・MIG・プラズマ切断

■ 特色

1.溶接分野
DAIHEN製のロボットは、アーク・スポット溶接、ハンドリング、シーリングと多彩なアプリケーションに対応していることに加えて、特に溶接分野において高いシェアを誇り、
溶接機との連携の良さが大きな特徴です。

2.豊富なバリエーション
「アルメガ・プレミアムフレンドリーシリーズ」では、3㎏~6㎏の低可搬、15㎏~50㎏の中可搬、166㎏~210㎏の高可搬の幅広い可搬タイプで展開されており、ユーザーの
多様なニーズに応えます。
また、マニピュレーターのアーム長のタイプの違いやケーブル内臓有無、最先端の7軸ロボットなど、様々な用途に応じたラインナップが展開されております。

3.溶接品質
さまざまな溶接部位や条件でも安定した溶接を可能としたのが、独自の電流波形制御を応用した「シンクロフィード溶接」です。
ワイヤ送給と溶接電流のシンクロ制御によって、幅広い電流域で極低スパッタ・高品質溶接を実現し、低入熱・低スマットの高品質なアルミ溶接も可能とする溶接法です。
また、世界最高レベルの軌跡精度で、ロボットの姿勢によらず広い範囲で高い軌跡精度を実現します。

アーク溶接ロボットでは、世界でトップシェアを誇っているメーカーです。