2015年11月20日
ブログ

ワイヤー送給経路は溶接ロボットでは重要なところです。

溶接ワイヤーからアーク発生するチップの先端までに、

フレコンン・サスチューブ・トーチ内ライナー・インナーチューブなど消耗部品を経由してワイヤーが送られます。

特にトーチ内ライナー・インナーチューブは定期的に交換することをお勧めします。

ワイヤーの送給が悪いと、溶着金属が減少することになるので溶接条件が

変わってしまう恐れがあります。

溶接の状態もアークが不安定になったり、溶接ビードが揃わなかったりで

良いことはありません。

交換したことが無い、交換方法がわからないなどの場合には弊社に相談して下さい。

常に良い状態で溶接ができるように、定期的なメンテナンスは必要ですね。

http://robot-meister.com/