2012年04月19日
ブログ

ロボット用チップにもいろいろと種類があります。


パナロボではRチップというチップが多く使われていると思います。


Rチップは普通のチップに比べ耐久性にすぐれたチップです。


アクティブタワーズではスパッタ低減の為、溶接中に高速で溶接ワイヤーの正逆を繰り返す制御をしています。

その分チップの磨耗が早いというデメリットが発生してしまいます。


アクティブタワーズではRチップを使用してもチップの磨耗が早く、チップ交換の手間が増えてしまいます。


そこでさらに耐久性アップしたチップがパナソニック製の

SCチップというチップです。


価格はそれなりに高価ではありますが、耐久性にすぐれておりアクティブタワーズなどには最適と思われます。(ノーメッキワイヤーでは効果が得られませんが・・・)


ぜひお試しを!


http://robot-meister.com/