2011年07月13日
ブログ

アーク溶接ロボットに大切なワイヤー送給経路で、

溶接ワイヤー引き出し装置からワイヤー送給モーターまでをフレコンが使用されています。


従来の純正フレコンは黒色で、フレコンの取付けはネジ式になっていました。

現在の純正フレコンは(2007年頃から新しく変わりました)赤色で取付け部はワンタッチのカプラ式になっています。

このワンタッチ式がとても使いやすいのです。

ワイヤー交換時、フレコンを外さなければならない状況の時にこれがとても便利なのです。わざわざネジを回して外さなくてもワンタッチでカチャッとすぐに外れるんです。

フレコンの長さも自由に選べ、メインの消耗品はフレコン内のライナーだけの交換でOK。


現在使用中のフレコンが黒色でしたら新型の赤いフレコンに替えてみてはいかが・・・


産業用ロボット専門情報サイト

http://robot-meister.com/