Faq よくある質問

ロボットの新しい導入形態

中古ロボット

詳しくはコチラ

導入コストの削減、償却済のロボットの売却など、中古ロボットの販売、買収が増えています。

ロボットレンタル

詳しくはコチラ

修理・メンテナンス料金込みでコストの大幅削減が可能です。私たちがレンタルで新しく賢い設備投資をプランニングいたします。

プロの目から見るメーカー別ロボットの特徴

  • パナソニック
  • ファナック
  • 安川電機
  • ダイヘン

よくある質問

ロボットのすぐに使える実学集&コラム

産業用ロボットマイスターについて

メンテナンスのプロ集団!!ロボットマイスターブログ

よくある質問

  • ロボットシステムによる省人化はどの程度予算が必要ですか。
  • ロボットシステムによる省人化と一言で申しましても、工程は様々なものがございます。その為、システムにより必要な予算は異なりますので、一概にどの程度予算が必要なのかお伝えは難しいものがございます。そういった前提を踏まえてた上でしいていうならば、一般的に産業用ロボットを使用した省人化システムは1500万~となるケースが多くございます。又、協働ロボットのシステムとなりますと、産業用ロボットよりも高価となります。これは協働ロボット自体の安全性を高める為、各所にセンサーが取り付けられているなどのが要因と言えます。ただ、ロボットシステムは短くとも10年活用頂くものとなっている為、投資対効果を見込んでいただければ、お客様にとって様々な利益を生むものであることは間違いないものだといえます。 検討している工程が自動化できるのか、まず判断してみたいというお客様がお見えであれば、弊社にお気軽にお声かけください。3DCADを活用した構想を行いつつ、イメージ化させて頂きます。

    https://www.shoeitechno.co.jp/engineering

産業用ロボット特別教育について

ロボットの省人化設備について

ロボットレンタルについて

協働・協調ロボットについて

中古ロボットについて

ロボットメンテナンスについて

セミナー・講習会について

ロボット知識全般について

ユニバーサルロボットについて

ロボットのティーチングについて

その他の質問について

ロボットメンテナンスのプロ集団について

社名:松栄テクノサービス株式会社
設立:1984年4月
住所:〒480-1144 愛知県長久手市熊田1607      その他詳細情報はコチラ

TEL.050-3538-1452/FAX.0561-63-1597

お問い合わせはこちら