Faq よくある質問

ロボットの新しい導入形態

中古ロボット

詳しくはコチラ

導入コストの削減、償却済のロボットの売却など、中古ロボットの販売、買収が増えています。

ロボットレンタル

詳しくはコチラ

修理・メンテナンス料金込みでコストの大幅削減が可能です。私たちがレンタルで新しく賢い設備投資をプランニングいたします。

プロの目から見るメーカー別ロボットの特徴

  • パナソニック
  • ファナック
  • 安川電機
  • ダイヘン

よくある質問

ロボットのすぐに使える実学集&コラム

産業用ロボットマイスターについて

メンテナンスのプロ集団!!ロボットマイスターブログ

よくある質問

  • 協働ロボットと産業用ロボットの違いはなんですか
  • 協働ロボットと産業用ロボットの大きな違いの1つとして、安全柵が必要か不要かという点が挙げられます。労働安全衛生法により産業用ロボットを使用したティーチング(プログラム作成)を行う際には、労働災害未然防止策の1つとして”柵または囲い”を設け、人が容易にロボットの動作範囲に入ることができないようにしなければなりません。その一方で協働ロボットは、リスクアセスメントを正しく確実に行い、レーザーセンサー等で安全性を向上させ、残留リスクを許容範囲内に収めれば安全柵無しで使用することが可能です。その為、協働ロボットのシステムは省スペースであり、比較的軽量で組み上げることができるので、システム毎移動させることを想定して製作すれば、1つの協働ロボットシステムを様々な工程で使いまわすことができます。しかし協働ロボットは産業用ロボットに比べ、”動作速度が遅いこと”と”可搬重量”が小さいことがデメリットとして挙げられます。このことから、自動化したいシステムによって、産業用ロボット・協働ロボットのどちらが最適かを判断する必要があります。この判断をユーザー様で行うことは困難であるとのお声が多いので、そういった際は弊社のようなロボットシステムインテグレータ(ロボットSier)にお任せください。お客様にあった最適なロボットを選定させて頂きます。ご相談については、下記URLよりお気軽お問い合わせください。

    https://www.shoeitechno.co.jp/inquiry

産業用ロボット特別教育について

ロボットの省人化設備について

ロボットレンタルについて

協働・協調ロボットについて

中古ロボットについて

ロボットメンテナンスについて

セミナー・講習会について

ロボット知識全般について

ユニバーサルロボットについて

ロボットのティーチングについて

その他の質問について

ロボットメンテナンスのプロ集団について

社名:松栄テクノサービス株式会社
設立:1984年4月
住所:〒480-1144 愛知県長久手市熊田1607      その他詳細情報はコチラ

TEL.050-3538-1452/FAX.0561-63-1597

お問い合わせはこちら