Faq よくある質問

ロボットの新しい導入形態

中古ロボット

詳しくはコチラ

導入コストの削減、償却済のロボットの売却など、中古ロボットの販売、買収が増えています。

ロボットレンタル

詳しくはコチラ

修理・メンテナンス料金込みでコストの大幅削減が可能です。私たちがレンタルで新しく賢い設備投資をプランニングいたします。

プロの目から見るメーカー別ロボットの特徴

  • パナソニック
  • ファナック
  • 安川電機
  • ダイヘン

よくある質問

ロボットのすぐに使える実学集&コラム

産業用ロボットマイスターについて

メンテナンスのプロ集団!!ロボットマイスターブログ

よくある質問

  • ファナック製ロボットのティーチングについて
  • ファナック製産業用ロボットのティーチングは、ティーチングペンダントと呼ばれるツールを用いて行うティーチング方式となります。ティーチングペンダント上に各軸の動作方向が記載しているボタンがあり、それを使用することで直感的に操作を行うことができます。特徴としてはレジスタと呼ばれる機能を利用してティーチングを行う点です。レジスタ機能とはある位置を基準として登録し、その基準点から次のポイントまでどれだけXYZ(上下左右)方向が離れているか数値を入力するだけでポイント登録ができるという機能です。この機能の利点はPC上でのティーチング”オフラインティーチング”機能への適正が高いことにあります。PC上で正確なティーチングプログラムの作成が可能となり、作業工数を軽減することができるのです。
    産業用ロボットのティーチングを業務にしている松栄テクノサービスの具体例をご紹介しますと、先日、自動車部品工場のプレス間搬送にファナック製のロボットのティーチングを行いました。プレス間でワークを真空吸着させ搬送するティーチングのポイントは、座標登録やプレイバックもそうですが、プレス間で発生しうる設備とワークの干渉のためのエリア監視が特徴になります。従来は専用機のローダーで搬送をしていたのですが、専用機ということでメンテナンスパーツの生産体制や修理コスト自体も特定の企業に依頼しなければなりませんでした。ファナック製のロボットを採用することで、汎用ロボットでの搬送により、修理やメンテナンスパーツなどを安定させることができる上に、ワークの変更が起こった時でも、吸着パットやティーチングなどのプログラム変更によって設備投資費を抑えることができます。

ロボットサービスについて

ロボット知識全般について

ロボットのティーチングについて

ロボットの新設に関する質問

中古ロボットについて

協働・協調ロボットについて

その他の質問について

ロボットメンテナンスのプロ集団について

社名:松栄テクノサービス株式会社
設立:1984年4月
住所:〒480-1144 愛知県長久手市熊田1607      その他詳細情報はコチラ

TEL.050-3538-1452/FAX.0561-63-1597

お問い合わせはこちら