Faq よくある質問

ロボットの新しい導入形態

中古ロボット

詳しくはコチラ

導入コストの削減、償却済のロボットの売却など、中古ロボットの販売、買収が増えています。

ロボットレンタル

詳しくはコチラ

修理・メンテナンス料金込みでコストの大幅削減が可能です。私たちがレンタルで新しく賢い設備投資をプランニングいたします。

プロの目から見るメーカー別ロボットの特徴

  • パナソニック
  • ファナック
  • 安川電機
  • ダイヘン

よくある質問

ロボットのすぐに使える実学集&コラム

産業用ロボットマイスターについて

メンテナンスのプロ集団!!ロボットマイスターブログ

よくある質問

  • 産業用ロボットを導入する際にかかる費用の分類は、どのような項目がありますでしょうか?
  • 産業用ロボットを導入する際にかかる費用は、主に下記3点に分けて考えることができます。
    1.ロボット本体の費用
    ロボット本体価格は約300万~となり、可搬質量や動作範囲のサイズアップに比例して価格も上昇します。
    2.周辺機器(ハンド・カメラ・冶具・架台・工作機械・部品供給装置・操作盤・制御盤・安全装置など)の費用
    ロボットは本体だけでなく、周辺装置と一体となりシステム化されて初めて機能します。
    要望される内容により周辺装置は異なるとともに費用も変動します。
    3.システム導入エンジニア費用
    ロボット本体と周辺機器をシステムとして構築するため、構想設計費、機械設計費、電気設計費、材料費、
    ロボットティーチング費、設置工事費などが発生します。

ロボットサービスについて

ロボット知識全般について

ロボットのティーチングについて

ロボットの新設に関する質問

中古ロボットについて

協働・協調ロボットについて

その他の質問について

ロボットメンテナンスのプロ集団について

社名:松栄テクノサービス株式会社
設立:1984年4月
住所:〒480-1144 愛知県長久手市熊田1607      その他詳細情報はコチラ

TEL.050-3538-1452/FAX.0561-63-1597

お問い合わせはこちら