ロボットのすぐに使える実楽集

ロボットの新しい導入形態

中古ロボット

詳しくはコチラ

導入コストの削減、償却済のロボットの売却など、中古ロボットの販売、買収が増えています。

ロボットレンタル

詳しくはコチラ

修理・メンテナンス料金込みでコストの大幅削減が可能です。私たちがレンタルで新しく賢い設備投資をプランニングいたします。

プロの目から見るメーカー別ロボットの特徴

  • パナソニック
  • ファナック
  • 安川電機
  • ダイヘン

ロボットのすぐに使える実学集&コラム

産業用ロボットマイスターについて

メンテナンスのプロ集団!!ロボットマイスターブログ

ロボットのすぐに使える実学集11

ショックセンサー内部のスプリング劣化による「位置ズレ」について

溶接トーチ保護の為に取付けられているショックセンサーは、衝突等の外部からの力が加わるとロボット保護機能が働きアームが後退します。その時センサー本体内部のスプリングによりトーチ自体が元に戻るような構造になっています。ところが長年使用していますと、スプリング自体の復元力が劣ってきてアーム移動時の振動等でトーチ自体の「ズレ」が生じ、「溶接の位置ズレ」を起こす要因となります。

 

<新品の写真>           <古くなった写真>

     

定期的にポイント先端とトーチ先端部の「ズレ」の距離を測ります

確認方法としては、定期的に固定された確認ポイント先端にトーチ先端を合わせロボットの電源を切り、トーチ部分に手で軽く力を加えて離しポイント先端とトーチ先端部の「ズレ」の距離を測ります。1mm以上のズレが生じている場合は、部品の交換が必要となってきます。


更新日  2012.08.22