ロボットのすぐに使える実楽集

ロボットの新しい導入形態

中古ロボット

詳しくはコチラ

導入コストの削減、償却済のロボットの売却など、中古ロボットの販売、買収が増えています。

ロボットレンタル

詳しくはコチラ

修理・メンテナンス料金込みでコストの大幅削減が可能です。私たちがレンタルで新しく賢い設備投資をプランニングいたします。

プロの目から見るメーカー別ロボットの特徴

  • パナソニック
  • ファナック
  • 安川電機
  • ダイヘン

ロボットのすぐに使える実学集&コラム

産業用ロボットマイスターについて

技術スタッフ奮闘の毎日!ロボットDr.ブログ

メンテナンスのプロ集団!!ロボットマイスターブログ

ロボットのすぐに使える実学集10

加圧スプリングに起因する送給不具合について

今回は、意外と気づかれにくい送給不具合の中でワイヤ加圧ローラー部分に有る加圧スプリングの重要性についてとなります。駆動ローラーにはワイヤが通る溝が加工されており、使用ワイヤ線径によってローラーを交換するのですが、その際に加圧スプリングも調整する必要が有ります。ですが意外と忘れられている事が多く、ワイヤ送給のスリップ(すべり)原因の一つともなってきます。

 

       <太径の場合>         <ワイヤ加圧部写真>          <細径の場合>

スプリングの押え付け強さを調整することが大切です。

対策方法としては、駆動しているローラーの送給速を確実に伝える為にワイヤの線径、構造(中空)によりスプリングの押え付け強さをこまめに調整することが大切となってきます。


更新日  2012.07.10