ロボットのすぐに使える実楽集

ロボットの新しい導入形態

中古ロボット

詳しくはコチラ

導入コストの削減、償却済のロボットの売却など、中古ロボットの販売、買収が増えています。

ロボットレンタル

詳しくはコチラ

修理・メンテナンス料金込みでコストの大幅削減が可能です。私たちがレンタルで新しく賢い設備投資をプランニングいたします。

プロの目から見るメーカー別ロボットの特徴

  • パナソニック
  • ファナック
  • 安川電機
  • ダイヘン

ロボットのすぐに使える実学集&コラム

産業用ロボットマイスターについて

技術スタッフ奮闘の毎日!ロボットDr.ブログ

メンテナンスのプロ集団!!ロボットマイスターブログ

ロボットのすぐに使える実学集8

“ロボット用ノズル”に起因する溶接不具合について

今回はトーチ先端部に付いている「ノズル」にスパッタが付着する事によって起こる溶接不具合について、いくつかの事例をあげていきます。①シールドガス噴出口付近への付着による流量減少⇒ブローホール等の発生②スパッタ蓄積によるワイヤチップとの接触⇒スティック異常の多発③溶接作業時に蓄積されたスパッタの剥がれ落ち⇒製品への塊の付着等が有ります。

 

     <作業待機中のロボット>    <スパッタ付着状態>    <未使用ノズル>

  

定期的にスパッタの除去をしてください。

対策方法としては、①市販されているノズルクリーナー等によりノズル内側に付着したスパッタを除去する。②エアブロートーチユニット(弊社オリジナル商品)を取り付けて圧縮エアーでスパッタを除去する。③スパッタ付着防止剤の塗布。④定期的な除去作業(金ブラシ等による手作業での除去)等が有ります。詳しくはお問合せを願います。


更新日  2012.04.09