ロボットのすぐに使える実楽集

ロボットの新しい導入形態

中古ロボット

詳しくはコチラ

導入コストの削減、償却済のロボットの売却など、中古ロボットの販売、買収が増えています。

ロボットレンタル

詳しくはコチラ

修理・メンテナンス料金込みでコストの大幅削減が可能です。私たちがレンタルで新しく賢い設備投資をプランニングいたします。

プロの目から見るメーカー別ロボットの特徴

  • パナソニック
  • ファナック
  • 安川電機
  • ダイヘン

ロボットのすぐに使える実学集&コラム

産業用ロボットマイスターについて

メンテナンスのプロ集団!!ロボットマイスターブログ

ロボットのすぐに使える実学集5

“ワイヤスティック多発”によるトラブル

溶接終了時のトラブルで問合せの多いのが、ワイヤが母材と接触していないにもかかわらず、ロボットがエラー停止することです。これは溶接終了時、ワイヤを燃え上がらせる状態になることによって発生するものです。

クレーター条件やバーンバック条件を確認して下さい

対策方法としては、①クレーター条件(本条件の70%程度に)を上げる。②バーンバック条件(ワイヤの燃え上がり時間を長く)を上げる。③スティック解除(ロボット側にて)の設定。④ワイヤリトラクト(送給の逆転)の実施。などがあり、①・②が効果的な対策となります。

 

 

       <溶接作業状態>  <溶接終了時の正常なスティック状態>  <溶接終了時の異常なスティック状態>

 

 

 

 


更新日  2012.01.27