ロボットのすぐに使える実楽集

ロボットの新しい導入形態

中古ロボット

詳しくはコチラ

導入コストの削減、償却済のロボットの売却など、中古ロボットの販売、買収が増えています。

ロボットレンタル

詳しくはコチラ

修理・メンテナンス料金込みでコストの大幅削減が可能です。私たちがレンタルで新しく賢い設備投資をプランニングいたします。

プロの目から見るメーカー別ロボットの特徴

  • パナソニック
  • ファナック
  • 安川電機
  • ダイヘン

ロボットのすぐに使える実学集&コラム

産業用ロボットマイスターについて

技術スタッフ奮闘の毎日!ロボットDr.ブログ

メンテナンスのプロ集団!!ロボットマイスターブログ

ロボットのすぐに使える実学集2

アーク不安定のトラブル

アーク不安定の原因は様々ですが、その中でも一番多いのは送給不良によるものです。
送給不良が発生すると、ワイヤ送り量が減少して条件的には電圧が上昇し、通常「ジィーー」という溶接音が「パタパタ」といった音になりアーク幅が広がりフラットビードになります。

送給不良の確認及び改善

TAWERS やGⅡのロボットは、送給装置の負荷をティーチングペンダント上で確認することにより、ライナーやフレコンの交換時期を把握できます。
一般的に3mのフレコンにて0.3A を超えると送給負荷が高いと考えられ送給経路の確認をして場合によっては部品の交換をお勧めします。*GB2,GE2,GX,GXP の場合は0.8A 程度が目安です。


更新日  2011.11.14