ロボットのシステム構成とは?

ロボットの新しい導入形態

中古ロボット

詳しくはコチラ

導入コストの削減、償却済のロボットの売却など、中古ロボットの販売、買収が増えています。

ロボットレンタル

詳しくはコチラ

修理・メンテナンス料金込みでコストの大幅削減が可能です。私たちがレンタルで新しく賢い設備投資をプランニングいたします。

プロの目から見るメーカー別ロボットの特徴

  • パナソニック
  • ファナック
  • 安川電機
  • ダイヘン

よくある質問

ロボットのすぐに使える実学集&コラム

産業用ロボットマイスターについて

メンテナンスのプロ集団!!ロボットマイスターブログ

便利な機能

2014年04月03日

皆さん、こんにちは。


今回も、TAWERSの便利機能についてお話します。


先日、ロボットの運転中に一時停止した時に、ティーチングペンダントを触って


知らないうちに、カーソル位置が現在位置と変わってしまい、ロボットを再起動したらぶつかってしまった。


と言ったシュチエーションにあいました。


ロボットを操作された事がある方なら、分かる方もいると思いますが、


最近のロボットは、動作位置からカーソルを移動させて、別の行を編集でます。


運転中以外は、問題ないのですが、運転中はカーソルのいる位置から再起動してしまいます。


そんな時に便利なのが、『途中起動許可出力』なる信号があります。


運転中にティーチングに切り替え、カーソルを動かすと出る信号で、


現在位置と違う事を外部に知らせ、再起動をさせない様にできます。


便利な機能なので、一度使われてみるのはどうでしょうか?